ビジネスローンは金利は比較して決める

最近のビジネスローンはカードローンタイプも増えており、限度枠内で繰り返し利用できるタイプが多いです。消費者金融や銀行のカードローンのビジネス版という感じです。金利に関しては普通のカードローンと同じくらいで、極端に低いものは少なくなっています。低金利で借入できるビジネスローンがあるなら、その多くは有担保型でしょう。無担保型で始めて借りる方だと15.0%~18.0%くらいになると考えておくのがよいです。ビジネスローンは目的ローンですが、家やクルマなどを担保にするわけではありません。それゆえ実質年率は多目的ローンとかわりない数字になっているのです。ただしビジネスローンの中でも審査が厳格で、業務歴・決算内容の詳細の提出を求められるローンに関しては、10%未満で融資してくれるタイプもあります。いずれにしても初回から10%未満となればかなりの低金利だと考えてよいでしょう。用途も金利に影響しており、ビジネスに限定されるものは低金利に設定されているものが多く見られます。それとは逆にビジネス以外にも用途不問で使用できるものは、キャッシング程度の利率になっています。

ビジネス以外には使用しないと決めている方は、ビジネス限定のローンがおすすめです。事業資金の調達となると数百万円の借入になることが多いでしょうから、僅かな利率の差がかなり大きいのです。今後に追加融資を受けることになれば、さらに利息の差として実感できることでしょう。ビジネスローンは消費者金融でもラインナップしているところがあります。実質年率の上限はキャッシングと同じくらいですが、下限については高くなっているローンも見受けられます。実質年率9%台~18.0%といった設定もありますが、これは総量規制の対象外になることが一つの理由でしょう。普通のキャッシングだと年収の3分の1以内の融資となりますが、ビジネスローンの場合はそれ以上の借入が可能です。金融機関のリスク管理として金利を高めに設定しているわけです。